Warning: preg_match(): Unknown modifier '2' in /home/n_exagri/www/access/put_access.php on line 84 市民体験農業を考える会
全ての記事一覧を見る
芋ほりとピザづくり
2022.08.07
今日は、朝方小雨が降ったものの
農作業をはじめるころには太陽も顔を出し
丘珠の強い風と
この時期らしい暑さの中での芋掘りとなりました

じゃがいもの収穫量はいかがでしたか
本来であれば葉が枯れて
いもが大きくなって十分に養分が蓄えられてから収穫すべきなのですが
この畑は粘土質で
雨が降ると乾きにくく腐ってしまうリスクがあることから
まだ葉が青々としていてもったいなかったのですが
早めに収穫していただきました

本日の内容
参加者 9家族40名(大人15名、子供25名)
うち調理実習参加家族 8家族35名(大人14名、子供21名)
関係者 スタッフ7名
時間  9:30〜13:00

●農作業
自主管理圃場
・じゃがいもの収穫
 じゃがいもは掘り取った後、しばらく風にあててじゃがいもの表面を乾かしてから
 持ち帰っていただきました
 この後は、日の当たらない涼しいところで保管してください
 特に、メークインは日持ちします
 上手に保管すれば翌年まで食べることができますよ

●調理実習
・ピザづくり
 畑の野菜を使ってピザづくりを体験していただきました
 ピザ窯で焼いたピザのお味はいかがでしたか?
 ハジルソースは畑のバジルを使用しました
 簡単に作ることができます
 レシピを添付しましたので
 ご家庭でも作ってみてください
 ピザだけでなく、様々な料理にも使えます
 冷凍保存すれば長く使えますよ

●次回の予定
  次回は9月4日(日)9:30から
  タマネギの収穫と交流会を予定しています
  交流会は畑で収穫した野菜を使って
  BBQを予定しています
  詳細につきましてはあらためてご連絡させていただきます

●PS
 ・とうもろこしは順調に生育しています
  このままでいけば8月20日前後に1回目のとうもろこしの収穫ができると思います
 ・現在、畑で収穫できる野菜は以下の通りです
  トマト、フルーツトマト、ミニトマト、なす、ピーマン、ししとう、ナンバン
  ズッキーニ、インゲン、オクラ、モロヘイヤ、空心菜、大葉、セロリ、バジル
  キュウリは防除を続けていますが復活する兆しが見えません
  なお、収穫する場合は、ほかの家族のことも配慮していただければと思いますので
  よろしくお願いします

支柱建替え作業
2022.06.26
今日はまだ6月というのに大変暑い一日でした
風が強かったのでそこまで暑さを感じなかった方もいらっしゃったかもしれませんが
中には熱中症の症状で休んでいたお子さんもいらっしゃったようです
これからは暑さの中での農作業が続きます
適宜、休憩をとったり水分補給をしてください
マスクの着用も臨機応変に対応してください

本日の内容
参加者 10家族36名(大人17名、子供19名)
関係者 スタッフ6名
時間  9:30〜12:00

●農作業
共同管理圃場
トマト、キュウリの支柱を大きなものに立て替えました
 トマトは、例年とやり方を変えて
 長い紐で誘引する方法を試行することにしました
 ハウスでは当たり前になっていますが、
 果たして屋外ではうまくいくか・・・少々心配です
 キュウリは、昨年からキュウリネットを使用していますが
 うまく張れなかったので、張り方を工夫してみましたが
 私がミスをしてしまい作業が大幅に遅れてしまいました
 みなさんに助けていただいて
 昨年よりはうまく張れたかな?といったところです
 結局、予定していたトマトやナス、ピーマンの脇芽処理の方法は
 お教えすることができませんでした
 よろしければ次の週末におこしいただければご指導させていただきます
 因みに、ナスとピーマンの脇芽処理と支柱を立てていただいた方、大変助かりました、ありがとうございました
 
 脇芽処理について
 トマトは主茎と葉の間から出る脇芽を全て取り除きます
 なすは主茎と主茎に付いた一番花の下2つの脇芽を残して、その下の方の脇芽を取り除き3本仕立てにします
 ピーマンは車状に枝分かれに枝分かれした茎の下の主茎と葉の間から伸びる脇芽を全て取り除きます
脇芽は小さいうちは親指で押すと簡単に取り除くことができます
 脇芽をそのままにしておくと実の付きが悪くなったり、実が小さくなったり
 また茎や葉が混み合って通気性が悪くなり病気や害虫の発生要因になってしまいます

 予定していたタマネギの草取りは
 スタッフがやっておきました

●次回の予定
  次回は8月7日(日)9:30から
  じゃがいもの収獲
  漬物用大根の播種作業
  BBQ
  を予定しています
  詳細につきましてはあらためてご連絡させていただきます

●PS
  次回までの間も、草取りやじゃがいもの土寄せなど自主管理圃場の管理をお願いします
  また、タマネギの草取りのお願いのご連絡をさせていただくとおもいますのでお手伝いをお願いします
  今後は収穫物が増えてきます
  時期が来たらメールでご連絡させていただきますので
  週末はできるだけ畑におこしください
  因みに次の週末には、小松菜、水菜、春菊、レタス、リーフレタス、キュウリ、カブなどが収穫できる予定です


第3回播種作業とサツマイモ、落花生植付
2022.06.12
6月に入りましたが肌寒い日が続いており
作物の生育が遅れています
また、先日の雨の影響で畑の土が固くしまって地割れしてしまいました
畑の土が粘土質なので
一度にたくさん水やりすると
同じような状況になりますので気を付けてくださいね

本日の内容
参加者 12家族46名(大人22名、子供24名)
関係者 スタッフ6名
時間  9:30〜11:00

●農作業
1.自主管理圃場
  3回目のとうもろこしと枝豆の播種を行いました
  品種は、とうもろこしが「恵味ゴールド(イエロー系)」、枝豆が「味風香(黄豆)」です
今回は、昨日の雨やこの後も雨が予報されていることなどから
   培土は使用しませんでしたが
   播種後、土をかけてから下駄で踏んでいただきました
   
   本来であればじゃがいもの土寄せをしていただく予定でしたが
   生育が遅れていたので指示はしませんでした
   次に畑に来た時に鍬で土寄せをお願いします
   土寄せをすることで、じゃがいもが日に当たって緑色になるのを防いだり
  (緑色になると、ソラニンという毒素が作られ、食べるとお腹を壊してしまいます)
  土壌の通気性や通水性がよくなり生育がよくなります
  また、葉が混み合うことによって病気になることを防いだり
  草取りも兼ねています
  その後も2週間に1回くらいは土寄せをしてください
  因みに、とうもろこしや枝豆も軽く土寄せをしていただくことで
  根の張りがよくなり、成長を助けます
  
  また、雑草も芽が出はじまましたので
ホウで草削りしてください

2.共同管理圃場
  さつまいもの蔓をうえていただきました
品種は「紅はるか」です
蔓は、上の葉を3〜4枚残して取り除き
黒マルチに30cmの株間で空けた穴に
蔓を横にして3〜4節が土に埋まるように植えていただきました
  この後、節から根が出て、やがて肥大してさつまいもになります
  その根はやがて太ってさつまいもになります
  さつまいもは痩せた土地でも育つ強い作物です
  あまり栄養状態が良いと、茎や葉ばかりが茂って(草ボケ)、なかなか根が太らないことがあります

  落花生を播種しました
  品種は「郷の香」です
  種子は、発芽を促すため、一晩、水に漬けておきました
  黒マルチに30cmの株間で空けた穴に
  深さ2cmで3粒ずつ播種していただきました
  発芽には地温が必要なので不織布のトンネルで覆っておきました

  大玉トマトの苗を定植しました
  品種は「米寿」です
  苗が小さかったので
  定植後は支柱はせず、
  保温のため不織布のトンネルで覆いました

  このほか、オクラ(品種「スターエンジェル」)、モロヘイヤを播種しました
  これらも発芽に温度が必要なので
  不織布のトンネルで覆っておきました

これで、予定していた野菜の植え付けは終わりました
この後は、苗物のの水やりと雑草との戦いです
できるだけ畑に足を運んでください

●次回の予定
次回は7月3日(日)9:30からです
じゃがいもの土寄せや、
トマト、なす、ピーマンの脇芽処理
小松菜、水菜の収穫
タマネギの草取り
お父さんにはトマトとキュウリの支柱を大きなものに取り換える作業を行ってもらいます

PS: 伊東さん、佐野さんの3回目の枝豆、とうもろこしはスタッフが播種しておきました

第2回自主管理圃場播種作業と共同圃場作業
2022.05.29
市民体験農業を考える会
事務局の中田です

今日は、肌寒く
今朝まで降っていた雨の影響で
ぬかるむような状況での作業となりました
運動会が延期となって午後から参加されたご家族もあり
午前中の作業は大変だった思います
お疲れさまでした

本日の内容
参加者 11家族41名(大人19名、子供22名)
関係者 スタッフ4

時間  9:30〜12:00

●農作業
1.自主管理圃場
   2回目のとうもろこし、枝豆の播種作業をしました
   品種は、とうもろこしが「カクテル84EX(バイカラー系)」、枝豆が「中生幸せ房成り(黒豆)」です
   前回と同じように、3粒ずつ、30cmの間隔で植えていただきましたが
   今回は、今朝までの雨で畑がぬかるむような状況でしたので
   播種後は下駄で踏まずに手で軽く押さえていただきました

2.共同管理圃場
   今日予定していた野菜苗の定植の多くを先週定植していただいたので
   残りの大葉、セロリ、バジル、リーフレタス、サンチュ、赤キャベツの苗を定植しました
   定植後は不織布でトンネルを作って保温と風よけ、害虫防除にしました
   また、インゲン(品種:カリーノ(つるなし))、茎ブロッコリー(品種:グリーンボイス)、空心菜
   ズッキーニ(品種:オーラム(黄)、ダイナ(緑))、カボチャ(品種:雪化粧、ロロン、栗坊)を播種しました
   インゲンを除き、保温のため不織布でトンネルにしました
   苗も、種子も
   事前に植穴に水やりし、害虫防除のための農薬と元肥を施してから
   定植、播種しています
   植付け後はしっかりと水やりしていただきました

次回は、6月12日(日)です
午前9時30分集合です
遅れないようにお集まりください
3回目のとうもろこし、枝豆の播種と
加工用トマト、さつまいもの苗の定植
落花生の播種などを予定しています

PS:外崎さん、大崎さん、田中さんの2回目の枝豆、とうもろこしはスタッフが播種しておきました

2022年度 開園
2022.05.15
市民体験農業を考える会
事務局の中田です

コロナ禍で開園式は簡略化させていただきました
今後もコロナの感染状況に応じて内容を変更させていただくことがありますが
あらためまして、みなさまにはご理解ご協力をお願い申し上げます

本日は風もなく日差しもあって
この時期としては比較的暖かく、
農作業には最高の天候となりました

さて、ここしばらくまとまった雨が降っておらず
畑は乾ききっていました
今後もしばらくは好天が続くという予報もでており
いきなり発芽不良や苗の生育遅れなどが心配されます

本日の内容
参加家族 14家族
関係者  北島さん、スタッフ11名
時間   9:30〜12:00

1. 注意事項説明
・農園のきまりはよくお読みください
  不明な点などありましたらご連絡ください
・ 畑に来るときは名札を忘れずに
 ・今後のスケジュールはお渡しした資料のとおりですが、
  天候によっては変更する場合がありますのでご了承ください
  変更する場合は、できるだけ早くメールでご連絡します
  なお、欠席される場合は、できるだけ早くメール、もしくは携帯(中田:090-7650-5249)まで
  ご連絡ください
 ・マスクの着用、他の参加家族とのソーシャルディスタンスの確保、
  発熱や体調不良の場合は参加を控えるなどコロナ対策にご協力ください
   
2. 農作業
 ●自主管理圃場
   とうもろこし(品種:雪の妖精(ホワイト系))、枝豆(品種:サッポロミドリ)、じゃがいも(品種:男爵、キタアカリ、メークイン)の順に植えていただきました
じゃがいもは、畑の排水が悪いため、高畝に植えていただきました
・枝豆、とうもろこしは1か所に3粒ずつ、株間30cm(移植ごての長さ)、種の大きさの3倍の土をかけてから板で踏んでいただきました
「3・3・3」と覚えておいてください
因みに、土の乾燥を防ぎ、発芽を促進するために、
植穴には混合土(バーミキュライトと菜花培土を1:1で混ぜて、十分に水分を含ませた土)を一握り敷いた上に播種していただきました
畝幅は80cmです
1か所に3粒植えるのは、中には芽が出ないものもあるのと、
中でより生育の良いものを選抜することで良いものを収穫できること
さらにお互いに成長を競争させることで初期生育を促進させる意味もあります
種に土をかける場合、深く植えるとなかなか芽が出せないで土の中で腐ってしまうことがあります
浅く植えると乾燥して芽が出ません
板で踏むことで種と土とを密着させて乾燥しにくくします
枝豆は、芽の出はじめをハトに食べられないように不織布(パオパオ)をかけておきました
・じゃがいもは種芋を使いました
種芋は害虫や病気のない環境で育ったものです
食用の芋を使うと害虫や病気が蔓延してじゃがいもが作れなくなることがあります
種芋は1個が60g〜100g程度で2,3個の芽が出るようカットして、腐れを防ぐため切り口には木灰を塗布してあります
じゃがいもも30cm(移植ごての長さ)の株間、種芋の切り口を下にして、板で踏んで土と密着させました
・基本的に、これらの野菜は、この後、水やりはしません
根は水を求めて深く土の中に伸びていきます
水やりをすると根は浅くなり乾燥に耐えられなくなり
頻繁に水やりをしなければならなくなります
 ・マルチング
  苗を植える場所に事前に畝立てしておいたところに
  黒マルチを張ってもらいました
  黒マルチは保温、保水、雑草防除などの目的があります
 ●共同管理圃場
  ・タマネギ(品種:オホーツク222(早生系))の苗3800株を植えていただきました
   事前に張っておいた、タマネギの畝幅(15cm)、株間(15cm)の間隔で穴が空いた黒マルチの植穴に
   軽く土を取り除き、混合土を一握り入れて、
   移植ごてであけた隙間に根から1cmほどが隠れくくらい土をかけて軽く指で押さえました
  ・大根、かぶ、水菜、小松菜、春菊、ルッコラ、ニンジン、キャベツ、紫キャベツ、リーフレタス、サニーレタスを播種しました
   大根は1か所に3粒ずつ、株間25cmで播種し、軽く土をかけました
   かぶ、水菜、小松菜、春菊、ルッコラ、ニンジンは筋蒔きし、ニンジン以外は軽く土をかけました
   ニンジンは好光性作物なのでわずかに土をかける程度で十分です
   これらの作物は播種後下駄で踏んで水やりをしておきました
   キャベツ、紫キャベツ、リーフレタス、サニーレタスはマルチに30cmの株間で空けた植穴に3粒ずつ播種し
   土をかけて指で押さえました
   大根以外は、害虫対策のためパオパオでトンネルしました

   


さて、次回は5月29日(日)です
自主管理圃場は2回目のとうもろこし、枝豆の播種
共同管理圃場は、かぼちゃ、落花生などの播種
苗物(トマト、キュウリ、なす、ピーマンなど)の定植を予定しています

自主管理圃場にはご家族で好きな野菜苗を植えることができるスペースを確保しています
事前にどのような苗を何株植えるかを教えていただければアドバイスさせていただきます
因みに、1家族10株程度の苗を植えることができます
ただし、スイカ、メロン、カボチャ、さつまいもなど蔓が這う野菜や
イチゴやニンニクなど秋に植えて翌年収穫する野菜は植えることができません
ゴーヤなど温かい地域で育てる野菜は屋外の畑で育てるのは難しいです
また、トマトやキュウリなどは高い支柱を立てる必要があるので
あわせて3株以上の苗を植えていただくことをお勧めします

全ての記事一覧を見る