Warning: preg_match(): Unknown modifier '2' in /home/n_exagri/www/access/put_access.php on line 84 市民体験農業を考える会
全ての記事一覧を見る
第2回 定植作業 新着情報
2019.06.02
事務局の中田です

今日も、この時期としては気温の高い
やや汗ばむ一日でした
ここしばらくまとまった雨がなく
比較的あたたかな天候が続いているので
運動会にはとても良かったですね
ただ、畑は乾いていて
2週間前に播種していただいた野菜の多くが芽が出ていませんでした
じゃがいもはようやく芽が出はじめたので大丈夫だと思いますが
この後もしばらくはまとまった雨が期待できないようなので
枝豆やとうもろこしは発芽は遅れそうです

本日の内容
参加者 13家族77名(大人24名、子供19名)
関係者 農業指導者3名、スタッフ5名
時間  9:30〜12:00

●農作業
1.自主管理圃場
   2回目のとうもろこし、枝豆の播種作業をしました
   品種は、とうもろこしが「カクテル84EX(バイカラー系)」、枝豆が「中生幸せ房成り(黒豆)」です
   前回と同じように、3粒ずつ、30cmの間隔で植えていただきましたが
   今回は、畑が乾ききっていたことや、今後もしばらくはまとまった雨が期待できないことから
   やや深めに植えて、さらに植穴にバーミキュライトを移植ごて1杯分入れ
   たっぷり水やりをしてから土をかぶせ、下駄で踏んでもらいました
   バーミキュライトにしっかり水を含ませておくことで
   しばらくは水分が保てますので芽はでやすくなっていると思います
   期待しましょう

2.共同管理圃場
   野菜の苗を植えていただきました
   苗は温室の温かいところで、人の手によって水管理をされていたので
   いきなり外の厳しい環境に出すと枯れてしまいます
   黒マルチで地温を確保し、保水するとともに、冷たい空気や風に当たらないようにビニールで覆ってやる必要があります
   黒マルチは2週間前にお父さんに張っていただいたので、地温もしっかり上がっていました
   (因みに黒マルチには、雑草防除、泥はね防止などの効果もあります)
  
   今回植えていただいたのは
食用ホオズキ、キュウリ、大葉、カラーピーマン(赤、オレンジ、黄)、ししとう、ミニセロリ、ピーマン、なす、大玉トマト、フルーツトマト、バジルです
   このほか、カボチャ、ズッキーニ、キャベツ、レタス、ハクサイ、茎ブロッコリーなどの苗はスタッフが植えておきましたが
   雨が降らないこともあり、一部は枯れてしまい、今回、補植しました
   みなさんが植えた野菜が枯れないよう祈るばかりです
   畑に来た際は、できる範囲で結構ですので水やりをお願いします

苗は、人差し指と中指(チョキの指)で株元をやさしくはさんでひっくり返すと、
簡単にポットからはずれましたね
マルチに事前にあけておいた植穴(間隔は40〜50cm)に置いてから
隙間を周囲の土を掻き入れて埋め、
株元を手でしっかり押さえました

因みに、トマトは葉3枚の次に花芽がつき、これを繰り返しますが
花芽が手前になるように植えると
常に花芽が手前になります
こうすることで、収穫もしやすいですし、色づきも良くなります

植えた後
ハーブ類を除いて、倒れないように支柱を立ててからビニール紐で結束してもらいました
紐は、まず野菜苗の方に掛けてから八の字にクロスして支柱にかけ
一回ねじってから支柱にまわして結わえました
難しかったですね

水やりをしてから
最後にビニールの野菜ガードで囲っていただきました
まだまだ朝晩は寒いのと、丘珠の強い風から保護するためですが
気温が15℃を下回ることがなくなる6月の下旬から7月上旬になったらはずします


次回は、6月16日(日)です
午前9時30分集合です
遅れないようにお集まりください
3回目のとうもろこし、枝豆の播種と
加工用トマト、さつまいもの苗の定植を予定しています
タマネギの除草も予定しています
これからは雑草の生育も旺盛になります
大変ですが自主管理圃場の除草もお願いします

2019年度 親子体験農業 開園式と定植 新着情報
2019.05.19
市民体験農業を考える会
事務局の中田です

今日から11月3日までの約6か月間
みなさんのお世話をさせていただきます
よろしくお願いします

開園式で申し忘れたのですが
事業の様子を撮影させていただいております
画像は当会のホームページ(http://shimin-nouen.net/)や札幌市への報告などに使用させていただきますので
ご了承いただきますようよろしくお願いします

今年は雪解けが早く
農家の農作業は概ね順調に進んでいるようです
近隣のタマネギ農家さんも
タマネギの苗を畑に植える(定植作業)が例年よりも2週間ほど早く終わったようです
今年は昨年のような天候不順に悩まされることなく
豊作を期待したいものです
さて、親子農業体験事業も
今年はここ数日好天に恵まれ
農園の準備も順調に進んでいます
今日も風はやや強かったものの好天に恵まれ
予定していた農作業を無事終えることができました
昔からカッコウの初音を聞いてから大豆の種子を播くのが良いといわれています
札幌は、例年、5月20日ころに鳴きます
今年の初音が聞こえるのも間近です
まさしく播種には最高の一日となりました

本日の内容
参加者 16家族52名(大人30名、子供22名)
関係者 北島さん、スタッフ9名
時間  9:30〜12:00

1. 開園式
・宮入会長(北海学園大准教授)、北島英司さん(園主)のあいさつ、スタッフ紹介のあと
参加者のみなさんから自己紹介していただきました
今年は、初めての参加が3家族、継続の家族が13家族です
せっかくの出会いですので、約6か月間、
関係者も含めお互いに声を掛け合いながら楽しく過ごせたらと思います
 ・農園のきまりはよくお読みください
  不明な点などありましたらご連絡ください
畑に来るときは名札を忘れずに
 ・今後のスケジュールはお渡しした資料のとおりですが、
  天候によっては変更する場合がありますのでご了承ください
  変更する場合は、できるだけ早くメールでご連絡します
  なお、欠席される場合は、できるだけ早くメール、もしくは携帯(中田:090-7650-5249)まで
  ご連絡ください
   
2. 農作業
 ●自主管理圃場
   枝豆(品種:サッポロミドリ)、とうもろこし(品種:雪の妖精(ホワイト系))、じゃがいも(品種:男爵、キタアカリ、メークイン)の順に植えていただきました
畑の排水が悪く、昨年は長雨によって作物の生育に大きな影響を受けてしまったことから
   今年は畝を高くしました
・枝豆、とうもろこしは1か所に3粒ずつ、株間30cm(移植ごての長さ)、種の大きさの3倍の土をかけてから板で踏んでいただきました
「3・3・3」と覚えておいてください
因みに、畝幅は90cmです
1か所に3粒植えるのは、中には芽が出ないものもあるのと、
中でより生育の良いものを選抜することで良いものを収穫できること
さらにお互いに成長を競争させることで初期生育を促進させる意味もあります
種に土をかける場合、深く植えるとなかなか芽が出せないで土の中で腐ってしまうことがあります
浅く植えると乾燥して芽が出ません
板で踏むことで種と土とを密着させて乾燥しにくくします
枝豆は、芽の出はじめをハトに食べられないように不織布(パオパオ)をかけておきました
・じゃがいもは種芋を使いました
種芋は害虫や病気のない環境で育ったものです
食用の芋を使うと害虫や病気が蔓延してじゃがいもが作れなくなることがあります
種芋は1個が60g〜100g程度で2,3個の芽が出るようカットして、腐れを防ぐため切り口には木灰を塗布してあります
じゃがいもも30cm(移植ごての長さ)の株間、種芋の切り口を下にして、板で踏んで土と密着させました
・基本的に、これらの野菜は、この後、水やりはしません
根は水を求めて深く土の中に伸びていきます
水やりをすると根は浅くなり乾燥に耐えられなくなり
頻繁に水やりをしなければならなくなります
 ●共同管理圃場
   落花生、ベビーリーフ、ミズナ、かぶ、コマツナ2種類、ニンジン、ダイコン、インゲンを播種しました
・ベビーリーフ、ミズナ、かぶ、コマツナ、ニンジン、ダイコンの種子は小さかったですね
播くのは大変だったと思います
これらの種はさらっと土をかけてからしっかりと水やりをして、種と土を密着させます
これらの野菜は3,4日で芽を出します
播種後、ダイコン、インゲン以外はパオパオでトンネルをつくって害虫が入ってこないようにしておきました
  ・お父さんには畝に黒マルチを張っていただきました
   黒マルチは地温を上げたり、保水、雑草防除、泥はね防止などの役割があります
   次回、そこに野菜苗を植えていただくための準備です
   お父さん、お疲れ様でした
  

さて、次回は6月2日(日)です
9時30分までに北島ファームにお集まりください
自主管理圃場に2回目の枝豆、とうもろこしの播種
共同管理圃場には、キュウリ、なす、ピーマン、中玉トマトなどの野菜苗を定植します
また、自主管理圃場に植える野菜苗をお持ちください
事前にどのような苗を何株植えるかを教えていただければアドバイスさせていただきます
因みに、1家族10株の苗を植えることができます
ただし、スイカ、メロン、カボチャ、さつまいもなど蔓が這う野菜や
イチゴやニンニクなど秋に植えて翌年収穫する野菜は植えることができません
また、ゴーヤなど温かい地域で育てる野菜は屋外の畑で育てるのは難しいです

欠席される方は事前にメールもしくは携帯(中田:090-7650-5249)にご連絡ください

今日の作業内容は、後日、ホームページにもアップしますのでご覧ください
http://shimin-nouen.net/

漬物作りと修了式
2018.10.28
約6か月間の短い期間でしたが
皆さん大変お疲れ様でした

今年は天候不順と9月の台風など災害に見舞われ
例年にない不作となってしまいました
豊作を期待されていた皆さんには大変がっかりされたことと思います
また、何度も予定が変更となったことで
皆さんにご迷惑をおかけすることにもなってしまいました
大変申し訳ありませんでした

●報告
 参加家族 16家族(大人28名、子供20名、計48名)
 関係者  北島さん、農業指導者4名、スタッフ6名
 時間   9:30〜14:00
内容
・漬物づくり
  10月21日に洗って干しておいた大根150本は
丘珠の寒風と天日で丁度よい具合に干し上がっていました(太い大根が弓なりに曲がる程度)
 《ニシン漬け》
  大根約50kgと札幌大球という昔から漬物用に栽培されていたキャベツ3玉約23kg
  (このキャベツは、昔から漬物用として栽培され、大きなものは通常のキャベツの約10倍の大きさになります)
  を使ってニシン漬けをつくりました
   今回は、手軽に家庭でできる漬物として
   大根はやや小さめに切ってもらいました
   できたニシン漬けは、冷蔵庫で約2週間で食べることができます
  《なまくら漬け》
   お配りしたなまくら漬けは、冷蔵庫で3週間ほどで食べることができます
調味液に漬けこむだけの簡単な漬物ですのでご家庭でもつくってみてください

  因みに、なまくら漬けの大根を食べ終わったあとも
  ニンジンやキュウリ、ゴボウ、セロリ、ヤーコンなどを漬け込んでも
  おいしくいただけます
 
 ・もちつき
   もち米10kgを4回に分けてつきました
   20分ほど蒸しあげたもちは
   石臼に移してから杵で米が飛ばないようにしかっりとつぶしてから
   まずお父さんにしっかりとついてもらい
   続いて子供たちについてもらいました
   腰の強いおもちが出来上がりました
   10kgのもち米で約12kgのおもちになります
   お餅は「鶏肉を使った醤油仕立ての雑煮」、「みたらし」、「納豆もち」でいただきました
   
 ・修了式
   福原場長から
   子供たち一人ひとりに修了証書をお渡しし
   北島園主からご挨拶をいただきました(来年も継続する方向で・・・)
   最後に集合写真を撮りました
      
●お願い
 この後、11月中旬ころを目途に報告書と一緒にアンケート調査票をお送りしますので
 必要事項を記載の上、同封の封筒でご返信願います

●追伸
 来年も事業を継続することになった場合
 来年の3月にメールで募集のご案内を送信させていただきますので
 希望されるご家族はご応募願います

約5か月半にわたって、ご参加いただきありがとうございました
いたらぬ点、多々あったことと思いますが
お気づきの点はアンケート調査票にてご指摘いただければ幸いです

今日で今年度の事業は終了しましたが
この後も食や農に関心を持っていただければと思います

大根の収穫と漬物作り前作業
2018.10.21
今日は、この季節ではめずらしく
暖かい一日となり
大根洗いもはかどりました
作業後はお汁粉で体を温めました

●報告
 参加家族 不明
※ 参加家族の確認をし忘れました
参加されたご家族はお手数をおかけしますが参加人数をお知らせください
 関係者  農業指導者3名、スタッフ8名
 時間   9:30〜11:00

●内容
漬物用大根約300本を掘り上げてもらいました
 うち150本はたわしできれいに水洗いし
 4本を一つに束ねて、タマネギ用コンテナの木枠にかけて干しました
 
 大根はじゃがいもを収穫した後の畑で
8月5日に播種したものです
一般的に、漬物用大根はお盆前に播種します
播種後概ね70日で収穫です

干した大根は、
丘珠の寒風と日差しで
1週間でしんなりと軟らかくなり、旨味も増します

干した大根で
次回、ニシン漬けとなまくら漬けを作ります

●次回
 10月28日(日)9:30~
 サッポロさとらんど交流館にお集まりください
 車は第6駐車場に止めてください
 http://www.satoland.com/publics/index/11/
 当日は
 漬物づくり、餅つき、お餅で昼食(雑煮など)
 そして修了式で修了証書をお渡しします
 エプロン、三角巾、包丁、まな板、箸、雑煮用お椀、皿、飲物などをご持参ください
 参加費は漬物づくりで各家族1,000円
 昼食代として大人500円、子ども300円を集めさせていただきますのでよろしくお願いします
 準備の都合がありますので10月25日(木)までに出欠のご連絡をお願いします

●追伸
 タマネギ、かぼちゃをもらっていないご家族は
 次回、お渡ししますのでお申し出ください

さつまいも・落花生の収穫と玉ねぎネット詰め
2018.10.14
午後から雨が降り出しましたが
概ね畑の後片付けを終えることができました

この後、漬物用大根を残し
北島さんが畑をおこしてくれます
※自主管理圃場で本日参加いただけなかったご家族の野菜が残っています
 次回までに片付けをお願いします

●報告
 参加家族 16家族(大人29名、子供23名、計52名)
 関係者  農業指導者3名、スタッフ7名
 時間   9:30〜14:00
内容
・さつまいも収穫
   収穫したさつまいもは「紅あずま」という品種です
   みなさんに蔓を植えていただきました
   節が3〜4節ほど植穴に入れて植えていただきましたが
   さつまいもはその節から伸びた根が肥大したものです
今年は肥大が悪く、細いものが多かったようです
さつまいもの表面の土を落としてから
   新聞紙にくるんで、しばれない場所で1〜2か月保存してから食べると甘みが増します
・落花生収穫
   落花生が土の中で実が肥大することをあらためて確認していただきました
   実はあまり肥大していませんでしたが、まあまあの収穫量だったと思います
   生の落花生を塩茹でして食べていただきましたがいかがでしたか
   お配りした落花生でご家庭でも試してみてください

※ 落花生は水でよく洗って泥を落としてください
3〜4%の塩を入れたお湯に入れて(1000ccのお湯であれば30〜40gの塩)
中火で40分ほど茹でてざるにあげてください

・共同管理圃場の片付け
   ナスやピーマン、食用ホオズキ、セロリなどを収穫後
   株ごと抜いて処分しました
   支柱は抜いてから綺麗に水洗いして、しまいました
   黒マルチもはがして、丸めてゴミとして処理しました
   みなさん本当にお疲れ様でした

 ・昼食(チキンカレー)
    畑で収穫したタマネギ、じゃがいも、ズキーーニ、加工用トマト、ピーマン、セロリを入れて作りました
    
 ・タマネギのネット詰め
    今年は、久しぶりの豊作で、20kgの収穫ネットに詰めていただきました
    品種は「北もみじ2000」です
    貯蔵性の良い品種ですができるだけ早く食べてください
※ 本日参加いただけなかったご家族のタマネギはネットに詰めて用意してあります
後日お渡しします
 
 ●次回は、
10月21日(日)9:30から
漬物用大根を収穫し、洗って、干すまでの作業を行います
  昼食は予定していません
寒くなりますので暖かく
大根を洗うので濡れても良い服装でお願いします

●10月28日(日)は修了式です
9:30までにお集まりください
場所は、サッポロさとらんど交流館です
お間違いなく
車は第6駐車場に止めてください
 
当日は、漬物づくり(ニシン漬け、なまくら漬け)と餅つき
昼食は雑煮などです
まな板、包丁、三角巾、エプロン、箸、お椀、皿、飲物等をご持参ください
参加費は漬物づくりとして1家庭1,000円
餅つき、昼食費として大人500円、子ども300円をご負担いただきます
準備の都合上、10月25日(木)までに出欠のご連絡をお願いします


全ての記事一覧を見る